【DIY】 ビルトインヒーター  ~後編~

こんばんは。



本日は、ビルトインヒーターの後編をお伝えします。


前回の前編は、かなりアクセスがあったので、秘かに皆さんビルトインヒーターには興味津々
なんだなぁっと感じました。


前編の様子はコチラから↓

【前編】~外部フィルターに穴をあけて、キャプコンを取り付けました。



後編では、ヒーターを加工して外部フィルターのなかに取り付ける工程がメインになります。


※後編ではDIY+運用テストの内容もお伝えするので、記事が長くなります。
ビルトインに興味のない方は前編同様にスルーパスでお願いしますm(_ _)m




ではレッツDIY!!




ヒーターの種類(オートヒーターor一体型)や形状によって作業内容が異なりますのでご参考ということで。



まずは、ヒーターを潔よく切断します。


b0269408_12354039.jpg




切断する場所は人によって異なります。下記の内容を参考に切断箇所は決めてくださいね。



私の場合は、万が一の浸水の際のショートを避ける為、切断部分をコンセントに近い側にもって
来たかったので温度調整ダイヤルに近いほうを切断しました。

(切断部分を外部フィルターのモーターカーバー内部に収める場合は、ヒーター側に近いほうを切断
します。ただ、万が一の浸水を考えたとき、カバー内部に切断部を設置するのは、ちょっと心配)



切断したヒーターの同じ色どうしをギボシ端子を使って圧着していきます。この時に、ヒーター側のコードは
キャプコンに通した状態で圧着を行います。


b0269408_12414032.jpg



圧着の根本を(念のため)ハンダ付をして、接続していきました。(かなりの心配性w)


b0269408_12425546.jpg



接合部は伸縮チューブ&テープで絶縁+防水処理を行います。コンセントに近い側を切断した
場合は普段濡れる危険性も少ないと思うので、そこまで慎重に防水を行わなくてもOKだと思います。



ビルトインヒーターで気になされる方が多いと思われる、「ヒーターが壊れた時はどうするの?」
という疑問も、基本的には、先ほど取り付けたギボシ端子を取り外して、ヒーターを交換するだけ
なので、外部フィルターを再購入・再加工の必要はありません。


ヒーターの交換だけなら30分もあればできると思います。



あとは外部フィルターの底版を高くして、フィルター内部にヒーターがおける場所を確保します。


10mmのアクリルパイプを適当な長さに切断します。


b0269408_12473310.jpg




で底版にとりつると(差し込むだけで簡単につけることができます。)


b0269408_1248437.jpg




そして、ヒーターを外部ヒーターにビルトインします!


b0269408_12484510.jpg




底版はヒーターのコードが通れるように、少しだけ凹まします。ヒートガンで少し温めてドライバーなどで
押すと簡単に凹みます。



その後は、いつも通りに濾材をセットするだけです。今回もパワーハウスの濾材とサブストをセットしました。



ヒーターのコードの処理ですが、わざわざモーターヘッドを加工しなくても、モーターコードが出ている部分
に隙間がありますので、ここからヒーターのコードも出します。


b0269408_1253351.jpg



そうすることで、非常にシンプルな取り回しになります。


b0269408_12535486.jpg





これでビルトインヒーターの完成です!!

DIYに慣れてる方なら、全行程2時間くらいで完成できると思います♪




~【テスト運用編】~



ここからはテスト運用の内容です。


30cm cubeのような小型水槽でも30Lちかくの水量を扱うので、万が一があると怖い・・・・汗


私の場合は2日間ほど、本番稼働と同じ条件で下の写真のような感じでテスト運用しました。



b0269408_13233391.jpg



ビルトインヒーターをバケツにイン!w


そして浸水してもいいようにベランダに出したまま、2日間ほどテスト。



そしてモーターヘッドカバーを外して、キャプコンからの漏れがないことを確認、本設置を行います。



今回はついでにモーター音を消音する為、スポンジを挟みました。(効果のほどは未定w)

スポンジはADAのリリーパイプを購入したときについているアレです。


b0269408_13473969.jpg



余談ですが、エーハイム500は少しだけ2211よりもモーター音がうるさいです。うるさいといっても
リビングに置くような使い方では全く気にならない程度ですが。



これで浸水チェックは終了しましたので、あとは肝心のヒーターの稼働チェック。


現在の24℃からヒーターの温度設定を上げて、適温まで上がるかチェックを行います。


b0269408_13534745.jpg



ヒーターの最高温度に設定して、30分ほど経過すると


b0269408_1354935.jpg




バッチリ温度が上がってます!



b0269408_13545267.jpg




これは感覚ですが、普通にヒーターを水槽内に設置するよりも、ビルトインしたほうが既定の温度に
達するのが早い気がします。


ということはビルトインヒーターはエコなのかも?!(これを口実に奥さんを説得してみるのも・・・・)



ビルドイン化によって、今回のコンセプトでもあるシンプレミニな水槽を実現することができました♪






とはいっても面倒なので、次はこのヒーターを買うかもしれません↓


ETH 外部式フィルター用ヒーター
http://www.mmcplanning.com/item/hydor/heater.html




【本日のお買いもの金額】


10mm アクリルパイプ                                ¥500









少しでも参考になった方は、ポッチをお願いします♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ
にほんブログ村
[PR]
by blog-aqua | 2012-10-26 20:09 | DIYくん


アクアリウムのド素人が水槽をGreenの草原にするまでの軌跡。


by blog-aqua

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
機材くん
お魚さん
水草さん
水槽立上くん
DIYくん
カメラくん
30cm cube
えびちゃん
お店さま
NEW 30cm cube
ミニS
45cm 水槽
水蓮鉢
未分類

以前の記事

2016年 08月
2016年 06月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月

タグ

(26)
(17)
(2)
(1)

その他のジャンル

最新の記事

水上葉の経過
at 2016-08-14 21:15
お久ぶりです。なんちゃってア..
at 2016-06-27 00:14
水槽の冬支度
at 2013-11-25 12:56
ADA  ミニS 完成
at 2013-11-15 18:27
ミニSに超ミニなヒーターを取..
at 2013-10-16 12:25

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
自然・生物

画像一覧